2017年02月15日

大成スキー場/87世界古城博覧会/・・

大成スキー場・・

北海道久遠郡せたな町にあるスキー場です。

小さなスキー場のようで、地元で利用されている感じのようです。

スキー場は海が見える場所にあります。

せたな町の大成区には、貝取澗温泉や臼別温泉もあります。

せたな町には丹羽スキー場というスキー場もあります。





87世界古城博覧会・・

世界古城博覧会は1987年、滋賀県彦根市で行なわれました。

「城まる君」と呼ばれるキャラクターがいました。

デザインは、彦根城とその別名金亀城にちなみ亀と天守閣を合体させた形です。

城まる君は像がつくられたので、どんなキャラクターかは見るのが早いかも。






ドリブルのフェイント・・

ドリブルの際、相手選手をかわすためにフェイントが使われますが、フェイントにはいろいろあります。

サイドステップと呼ばれるフェイントは、抜きたい方向の反対の方向に大きく踏み出します。

相手がつられたところで、かわしたい方向にアウトサイドでボールを動かして抜いていきます。




このページを表示
posted by ザッソウ at 03:17| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

太鼓山スキー場/国際伝統工芸博覧会・京都/・・

太鼓山スキー場・・・・

北海道檜山郡厚沢部町にあるスキー場です。

函館から自動車で1時間半くらいの場所です。

太鼓山というだけあって、山頂付近で飛び跳ねるとドンドンなるんだとか。

実際に行ってみないとピンとこないかな。

スキーのコースは150mくらいで、ロープトゥがあるみたいです。





国際伝統工芸博覧会・京都・・

国際伝統工芸博覧会・京都は、1984年に行なわれました。

地方博覧会ですが、パビリオンもいろいろありました。

例えば京都伝統工芸品などを展示した「工人のまち・京都館」。

国際ネオトラ館、外国館、日本館、サントリードーム・映像館などなど。

「近畿工人の町」「日本工人の町」などでは伝統工芸品を展示・即売もやってました。






ドリブラーのタイプ・・・・

ドリブラーにはスピード型とテクニック型に分かれます。

サイドプレーやトップにはスピード型で活躍する選手が多いです。

またハーフや真ん中にはテクニック型の活躍を目にすることが多いです。

ドリブラーの特性に応じたポジションも活躍できるかどうかに関係が深いです。



このページを表示
posted by ザッソウ at 03:18| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

今金町種川スキー場/アンティークの椅子/・・

今金町種川スキー場・・・・

北海道瀬棚郡今金町にあるスキー場です。

種川小学校に併設されたスキー場という話も。

スキー場を持った小学校なんて、なんとも贅沢な気がしますが。

上側斜面が中級者向けで、下側斜面が初級者向けなんだとか。

まさに小学生にはちょうどいいスキー場なのかな。

ロープトゥが使えるそうです。






アンティークの椅子・・・・

椅子もアンティークだと雰囲気がものすごく違います。

椅子には座り心地も大事ですが、見た目も重視する人も多いです。

インテリアとしての存在感もたっぷりです。

たとえば、ロッキングチェア。

ゆれる椅子ですね。

日本でも一時非常に流行りましたが、見た目もくつろぎのための椅子としても十分ですね。





ドリブル・・

サッカーでは手を使えないので、一人の選手がボールを運ぶとき、足でボールをコントロールしながら走ります。

その状態をドリブルといいます。

ドリブルが得意な選手をドリブラーと呼びます。

スター選手の中にはドリブラーが結構多いです。

それだけ見ごたえのあるプレーの一つです。



このページを表示
posted by ザッソウ at 03:17| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

今金町ピリカスキー場/テーブルのアンティーク/・・

今金町ピリカスキー場・・

初級者から上級者まで楽しめる5つのコースがある今金町のスキー場です。

美利河ダムを眼下に滑るので景色も楽しめます。

周辺には様々な観光スポットがあり、冬だけではないです。

ピリカ旧石器文化館や、世界最大級のカイギュウ化石・ピリカカイギュウなども興味深いところです。





テーブルのアンティーク・・・

アンティークが多い家具の一つにテーブルがあります。

テーブルもこだわるときりがないほどいいものがあります。

またいろいろなテーブルがあります。

食卓のテーブルだけでなく、ベッドサイドに置くためのサイドテーブルもテーブルです。

すこしづつアンティークを取り入れてみるのもおもしろいかも。






無回転シュート・・・・

回転がない、あるいは回転の少ないシュートです。

不規則に動くことで知られ、キーパーが取り難いシュートです。

回転がないだけじゃなく、ある程度の威力も変化には必要です。

フリーキックやミドルシュートで見られるシュートです。

蹴り方としてはボールの中心をしっかりミートすることが重要です。




このページを表示
posted by ザッソウ at 03:16| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

横津岳国際スキー場/アンティークのドレッサー/・・

横津岳国際スキー場・・・・

北海道南部、亀田郡七飯町にあったスキー場です。

雪質やコースなどで人気はあったのですが、スキー人口の減少には勝てなかったようです。

標高1167mの横津岳にあったので、その名前になっています。

上級者から初級者まで楽しめるコースがあり、春スキーも楽しめたそうです。






アンティークのドレッサー・・

ドレッサーにもアンティークがあります。

おしゃれにこだわるなら、ドレッサーからという人も多いです。

アンティークで一味違うドレッサーを見つけるのも楽しいです。

お気に入りのドレッサーなら、ますますメイクや身だしなみの時間が楽しくなりそうです。

ドレッサーは女性にとって大事な場所ですね。






ドライブシュート・・・・

縦回転のシュートで、下に鋭く落ちるシュートです。

浮き球のほうが蹴りやすいキックで、地面に接しているほうが難易度が高いです。

こすりあげるようなキックとなります。

距離が短いと変化しにくいため、ロングシュートやミドルシュートで使われます。

キーパーの頭を越して落ちるかたちが理想形です。




このページを表示
posted by ザッソウ at 03:10| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メルマガ登録・解除
旅行の達人は地名に詳しい!地名パズルで腕試し
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ