2016年03月28日

神話博しまね/999号の旅の快適度/・・

神話博しまね・・

2012年に島根で開かれたイベントで、古事記編纂1300年を記念して行われました。

高さ3m×幅15m、国内最大級のアーク型超ワイドスクリーンを備えた「神話映像館」は迫力の映像でした。

しまね魅力発信ステージでは、郷土芸能やしまねっこステージなどが行われました。





999号の旅の快適度・・・

アニメの999号での旅について快適度を考えてみました。

ボックスシートはリクライニングしないタイプ。

車中泊になると熟睡は難しそうな気がします。

停車中は指定の宿泊先で横になることもできますが、星によって宿の快適度もまちまちだったように思います。

でも食事はいつもおいしそうですね。

ただ、シャワーや風呂は車内にはなかったはずですから、不便でしょうね。






コーナーキック・・・・

ボールがゴールラインを超えた場合、ゴールにならない場合は、コーナーキックかゴールクリアランスのどちらかで再開されます。

守備側のチームがボールを出した場合がコーナーキックです。

コーナーキックは、コーナーアーク内の静止したボールから開始される必要があります。

直接ゴールもOKのキックです。



このページを表示
posted by ザッソウ at 06:52| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

えひめ南予いやし博2012/999号の設備/・・

えひめ南予いやし博2012・・

2012年に宇和島圏域全域を会場に開かれました。

多くのイベントが行われ、1,500に近い人がボランティア登録を行い運営に参加したそうです。

「伊達なまち歩き」、「森の四万十自然学校」、「まるごと海のミュージアム」などメインのイベントだけじゃなく、数々のイベントがありました。






999号の設備・・

マンガやアニメの999号では、鉄郎とメーテルが座っている客車は、4人掛けのボックス席です。

モデルとなった客車は、おそらくスハ43系ではないかと言われ、かなり狭い座席で過ごしていたと思われます。

とはいえ999号はほとんどのシーンでガラガラ状態なので、それほど不便はなさそうですが。

簡素な客車とは対照的に、ゴージャスな食堂車が999号には編成されています。

またほとんど登場しませんが、車掌室、図書室、医務室なども存在するようです。





ゴールクリアランスの反則・・・

4秒ルールの対象にゴールクリアランスも含まれます。

ですので、4秒を超えてクリアランスを行わないで保持すると、相手の間接フリーキックとなります。

また、クリアランス後、連続して再びキーパーがボールに触れるのも反則です。

これも相手の間接フリーキックとなります。



このページを表示
posted by ザッソウ at 06:55| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

庄原さとやま博/山形の花笠まつり/・・

庄原さとやま博・・・

2010年10月から翌年の11月まで開催されたイベントです。

庄原市全域をフィールドとした体験メニューをメインとしたイベントです。

メニューのいくつかはイベント終了後も継続したようです。

庄原市は2005年3月に旧庄原市を初めとする1市6町が新設合併して発足しました。

そのため非常に面積の広い市なのでした。






山形の花笠まつり・・・・

東北を代表する祭りの一つに山形の花笠まつりがあります。

「ヤッショー、マカショ」という掛け声で知られます。

花が付いた笠を被って花笠音頭を優雅に踊りながら回ります。

祭りが開催される3日間で、なんと1万人以上が踊りに参加するそうです。

ちなみに飛び入り参加もOKだそうで、気軽に楽しめそうですね。





ゴールクリアランス・・・・

ゴールクリアランスはキーパーが手で投げることで試合が再開されます。

その際、パントキックなどはだめです。

さらに注意したいのはインプレーのタイミングが、キーパーが投げた瞬間ではなく、ペナルティエリアをボールが超えた瞬間であることです。

エリアを超えずにほかのプレーヤーが触れた場合はやり直しです。



このページを表示
posted by ザッソウ at 06:53| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

平城遷都1300年祭/秋田の竿灯/・・

平城遷都1300年祭・・・・

2001年から県庁企画室に平城遷都1300年記念事業準備室が設置され準備が進められたんだとか。

奈良市付近にあった平城京への遷都から2010年で1300周年ということで開催されました。

平城宮跡会場が「メイン会場」となり、奈良県各地で開催されたようです。

遣唐使船復原展示など様々な催しがありました。






秋田の竿灯・・

秋田の竿灯も東北の祭りとして有名です。

時期的には青森のねぶたとほぼ同じなため、ねぶたと竿灯の両方を見る観光客も多いです。

大きな竿灯が、大通りにたくさん立ち並ぶ光景は見ごたえがあります。

近づけば、巨大な竿燈を肩や額などで支える妙技も見られます。

ときどき倒れることもあり、歓声を呼ぶのでした。





キックインの反則・・・・

キックインを正しく行わない場合、相手チームのキックインになります。

サッカーでのフリースローの反則のときと同じ感じですね。

反則はたとえば、キックインのボールの位置がよくなかったり、ボールが静止していなかったり、足がはみ出していたり、4秒を超えてしまったりなど。




このページを表示
posted by ザッソウ at 06:48| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

浜名湖立体花博/仙台の七夕/・・

浜名湖立体花博・・・

浜松モザイカルチャー世界博2009は、コンペ形式の国際イベントでした。

2009年に浜松市フラワーパークで開催されました。

ちなみにモザイカルチャーとはモザイクとカルチャーから作られた造語です。

緑花像景アートと定義され、前回大会が行われた中国では、立体花壇と呼ばれたそうです。





仙台の七夕・・・・

仙台の七夕は東北を代表する祭りの一つです。

巨大な竹に飾り付ける笹飾りが目をひきます。

豪華さ、素晴らしさを各商店毎に競い合います。

審査で金賞、銀賞、銅賞を決めます。

飾りには、商売繁盛や無病息災等の願いが込められているそうです。

「千羽鶴」「投網」「短冊」「紙衣」「吹き流し」「巾着」「屑篭」などを「七つ飾り」と呼び一緒に飾られます。






キックイン・・・

ボールがサイドのラインであるタッチラインを超えた場合、試合の再開はキックインで行われます。

フットサルがサッカーと大きく異なる点ですね。

試合中にボールが天井に当たったときもキックインが再開方法として使われます。

最後にボールを触った選手の反対チームのボールとなります。



このページを表示
posted by ザッソウ at 05:37| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メルマガ登録・解除
旅行の達人は地名に詳しい!地名パズルで腕試し
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ