2017年02月21日

富岡スキー場/87未来の東北博覧会/・・

富岡スキー場・・

北海道の南西部、乙部町(おとべちょう)にあるスキー場です。

雪に親しむイベントである「シバレ・ふれあい富岡」が行われたりするようです。

乙部町は日本海側に面した町であり、館浦温泉、鳥山温泉、緑町温泉などの温泉もあります。

積雪は少なめとなっています。






87未来の東北博覧会・・・・

1987年の7月から9月にかけて行われていました。

仙台市港地区(仙台港)で行われた地方博覧会。

この年ののNHK大河ドラマ「独眼竜政宗」による政宗ブームとあいまって大盛況でした。

マスコットはコケット君で、「こけし」と「ロケット」を組み合わせたキャラクターでした。





ダブルタッチ・・・・

ドリブルの時に手軽に使えるフェイントの一つです。

足のインサイドでコントロールするフェイントです。

ボールを反対の足のインサイドにぶつけることで、相手のタイミングを外します。

簡単にできるフェイントのため、咄嗟のときにも使えて便利です。

また密集した場所でのボールキープにも役立つのでした。




このページを表示
posted by ザッソウ at 03:19| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

大成スキー場/87世界古城博覧会/・・

大成スキー場・・

北海道久遠郡せたな町にあるスキー場です。

小さなスキー場のようで、地元で利用されている感じのようです。

スキー場は海が見える場所にあります。

せたな町の大成区には、貝取澗温泉や臼別温泉もあります。

せたな町には丹羽スキー場というスキー場もあります。





87世界古城博覧会・・

世界古城博覧会は1987年、滋賀県彦根市で行なわれました。

「城まる君」と呼ばれるキャラクターがいました。

デザインは、彦根城とその別名金亀城にちなみ亀と天守閣を合体させた形です。

城まる君は像がつくられたので、どんなキャラクターかは見るのが早いかも。






ドリブルのフェイント・・

ドリブルの際、相手選手をかわすためにフェイントが使われますが、フェイントにはいろいろあります。

サイドステップと呼ばれるフェイントは、抜きたい方向の反対の方向に大きく踏み出します。

相手がつられたところで、かわしたい方向にアウトサイドでボールを動かして抜いていきます。




このページを表示
posted by ザッソウ at 03:17| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

太鼓山スキー場/国際伝統工芸博覧会・京都/・・

太鼓山スキー場・・・・

北海道檜山郡厚沢部町にあるスキー場です。

函館から自動車で1時間半くらいの場所です。

太鼓山というだけあって、山頂付近で飛び跳ねるとドンドンなるんだとか。

実際に行ってみないとピンとこないかな。

スキーのコースは150mくらいで、ロープトゥがあるみたいです。





国際伝統工芸博覧会・京都・・

国際伝統工芸博覧会・京都は、1984年に行なわれました。

地方博覧会ですが、パビリオンもいろいろありました。

例えば京都伝統工芸品などを展示した「工人のまち・京都館」。

国際ネオトラ館、外国館、日本館、サントリードーム・映像館などなど。

「近畿工人の町」「日本工人の町」などでは伝統工芸品を展示・即売もやってました。






ドリブラーのタイプ・・・・

ドリブラーにはスピード型とテクニック型に分かれます。

サイドプレーやトップにはスピード型で活躍する選手が多いです。

またハーフや真ん中にはテクニック型の活躍を目にすることが多いです。

ドリブラーの特性に応じたポジションも活躍できるかどうかに関係が深いです。



このページを表示
posted by ザッソウ at 03:18| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

今金町種川スキー場/アンティークの椅子/・・

今金町種川スキー場・・・・

北海道瀬棚郡今金町にあるスキー場です。

種川小学校に併設されたスキー場という話も。

スキー場を持った小学校なんて、なんとも贅沢な気がしますが。

上側斜面が中級者向けで、下側斜面が初級者向けなんだとか。

まさに小学生にはちょうどいいスキー場なのかな。

ロープトゥが使えるそうです。






アンティークの椅子・・・・

椅子もアンティークだと雰囲気がものすごく違います。

椅子には座り心地も大事ですが、見た目も重視する人も多いです。

インテリアとしての存在感もたっぷりです。

たとえば、ロッキングチェア。

ゆれる椅子ですね。

日本でも一時非常に流行りましたが、見た目もくつろぎのための椅子としても十分ですね。





ドリブル・・

サッカーでは手を使えないので、一人の選手がボールを運ぶとき、足でボールをコントロールしながら走ります。

その状態をドリブルといいます。

ドリブルが得意な選手をドリブラーと呼びます。

スター選手の中にはドリブラーが結構多いです。

それだけ見ごたえのあるプレーの一つです。



このページを表示
posted by ザッソウ at 03:17| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

今金町ピリカスキー場/テーブルのアンティーク/・・

今金町ピリカスキー場・・

初級者から上級者まで楽しめる5つのコースがある今金町のスキー場です。

美利河ダムを眼下に滑るので景色も楽しめます。

周辺には様々な観光スポットがあり、冬だけではないです。

ピリカ旧石器文化館や、世界最大級のカイギュウ化石・ピリカカイギュウなども興味深いところです。





テーブルのアンティーク・・・

アンティークが多い家具の一つにテーブルがあります。

テーブルもこだわるときりがないほどいいものがあります。

またいろいろなテーブルがあります。

食卓のテーブルだけでなく、ベッドサイドに置くためのサイドテーブルもテーブルです。

すこしづつアンティークを取り入れてみるのもおもしろいかも。






無回転シュート・・・・

回転がない、あるいは回転の少ないシュートです。

不規則に動くことで知られ、キーパーが取り難いシュートです。

回転がないだけじゃなく、ある程度の威力も変化には必要です。

フリーキックやミドルシュートで見られるシュートです。

蹴り方としてはボールの中心をしっかりミートすることが重要です。




このページを表示
posted by ザッソウ at 03:16| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

横津岳国際スキー場/アンティークのドレッサー/・・

横津岳国際スキー場・・・・

北海道南部、亀田郡七飯町にあったスキー場です。

雪質やコースなどで人気はあったのですが、スキー人口の減少には勝てなかったようです。

標高1167mの横津岳にあったので、その名前になっています。

上級者から初級者まで楽しめるコースがあり、春スキーも楽しめたそうです。






アンティークのドレッサー・・

ドレッサーにもアンティークがあります。

おしゃれにこだわるなら、ドレッサーからという人も多いです。

アンティークで一味違うドレッサーを見つけるのも楽しいです。

お気に入りのドレッサーなら、ますますメイクや身だしなみの時間が楽しくなりそうです。

ドレッサーは女性にとって大事な場所ですね。






ドライブシュート・・・・

縦回転のシュートで、下に鋭く落ちるシュートです。

浮き球のほうが蹴りやすいキックで、地面に接しているほうが難易度が高いです。

こすりあげるようなキックとなります。

距離が短いと変化しにくいため、ロングシュートやミドルシュートで使われます。

キーパーの頭を越して落ちるかたちが理想形です。




このページを表示
posted by ザッソウ at 03:10| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

八雲町営スキー場/アンティークのキャビネ/・・

八雲町営スキー場・・・・

初級者から上級者まで楽しめるスキー場とのことです。

北海道八雲町のスキー場です。

ところで八雲でスキーといえば、アルペンだけではなく歩くスキーの「ユーラップ」コースもあります。

スキー場にはライブカメラがあって、ゲレンデの状況がホームページから確認できるのも面白いです。





アンティークのキャビネ・・

家具の中でもひときわ目を引くのがキャビネット。

キャビネットをアンティークでこだわる人もいます。

キャビネットはいろいろなタイプのものがあります。

お部屋に合うものを選ぶのもきっと楽しいはずです。

ところで雑貨屋さんのキャビネットの置き方がけっこうヒントになりますね。





ループシュート・・・・

果敢に飛び出してきたゴールキーパーを山なりの緩い軌道で越していくシュートです。

積極的に飛び出してくるキーパーに対しては、強いシュートより有効です。

ループシュートにはタイミングも大事で、キーパーの体勢を見極める状況判断が重要です。

ロビングシュートとも呼ばれます。



このページを表示
posted by ザッソウ at 06:25| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

ふるさとの森スキー場/アンティークの食器/・・

ふるさとの森スキー場・・・

北海道は木古内町にあるスキー場です。

約300メートルのスロープで、初心者や親子で楽しむのにいい感じのスキー場です。

上級者には物足りないかもしれませんが、子供が安心して楽しめそうですし、こういうスキー場もアリかも。

近所に欲しいタイプのスキー場かな。





アンティークの食器・・・

アンティークの食器も人気があります。

貴族たちが使っていたようなきらびやかな食器なら、食事もそれだけで素晴らしいもになりそうです。

食器にも時代背景などがあったりして、けっこう興味深い発見もあるようです。

食器一式は大変かもしれないので、ティーセットくらいから初めてみるのも面白いかも。






ロングシュート・・・・

稀にですがハーフウェイライン付近から40mにも及ぶロングシュートが決まることもあります。

ペナルティエリア内外の辺りからのミドルシュートより離れたシュートです。

遠くなるほどキック力とコントロールが必要となります。

キーパーが前がかりすぎたり、偏ったときに隙をついて狙うシュートです。



このページを表示
posted by ザッソウ at 06:33| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

函館七飯スノーパーク/アンティークのカトラリー/・・

函館七飯スノーパーク・・

北海道亀田郡七飯町東大沼にあるスキー場です。

函館大沼七飯スキー場という名前だったときもあったようです。

函館市内からは車で50分ほどかかるようです。

1985年1月から営業開始したスキー場です。

1996年3月には駒ケ岳噴火により一時営業休止したことでも知られます。






アンティークのカトラリー・・・・

カトラリーにもアンティークでこだわる人がいます。

カトラリーにこだわるなら、もちろん食器もでしょうね。

カトラリーといえば純銀をイメージする人も多いと思いますが、実はそれだけではないです。

持ち手の部分が、象牙であったり、コーネリアであったり、白蝶貝であったりするものもあります。

お金はかかりますが、興味深いアンティークです。






オウンゴール・・・

相手ゴールではなく、自陣のゴールにボールを入れてしまった得点のことです。

ただし、相手シュートが枠内に飛んできたときに、ブロックで体にあたってコースが変わったものはオウンゴールといわないです。

ゴール前の混戦などではときどき起こるオウンゴールです。



このページを表示
posted by ザッソウ at 06:53| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

ニヤマ高原スキー場/アンティークの照明器具/・・

ニヤマ高原スキー場・・・

北海道亀田郡七飯町にあるスキー場です。

10コースあり、小さな子供にも安心して楽しめるそうです。

その一方で最大斜度35度のコースもあります。

晴れた日は、函館山と津軽海峡が望めるそうで、景色も楽しめるスキー場ですね。

函館に近いこともあり、ナイターは函館の夜景を見ながらって素敵ですね。






アンティークの照明器具・・・・

照明器具にもものすごい歴史があります。

それだけにアンティーク物もあります。

身近な照明器具だけにアンティークには人気があります。

レトロな感じや、柔らかい感じなど照明によって気分も変わります。

シャンデリア、ペンダントライト、ブラケットライト、エクステリアライト、ウォールブラケット、ランプなどなどいろいろあります。





ハットトリック・・・・

1人の選手が1試合中に3ゴールを奪うことです。

サッカーは比較的点数の入りにくい競技なので、一人で3点というのはすごいことです。

それだけに達成した選手は注目されますし、逆に達成されたほうのチームはがっかりするのでした。

サッカーだけではなく、クリケットやラグビー、ホッケーでもハットトリックがあります。




このページを表示
posted by ザッソウ at 03:06| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

グリーンピア大沼スキー場/アンティークのドアノブ/・・

グリーンピア大沼スキー場・・

グリーンピア大沼は通年で楽しめるリゾートで、そこにあるスキー場です。

スキーを滑るだけじゃなく、スキー教室やプライベートレッスン、そり遠足などにも使われてるそうです。

年齢に関係なく、初心者から楽しめるスキー場とのことです。

ナイターはないようです。





アンティークのドアノブ・・

ドアノブもインテリアの一つです。

意外にドアノブの存在感は大きいのかもしれません。

でもドアノブにこだわるってなかなか渋いですね。

でも、言われてみると面白いこだわりかもしれません。

たとえば現代ではほとんど見かけることのないガラス製のドアノブなどというのもあります。

面白いです。





シュート・・・・

得点のために相手ゴールにボールを飛ばすことです。

キックだけじゃなくヘディングシュートもよく見られます。

キックの体勢によって、スライディングシュート、ボレーシュート、ドリブルシュート、オーバーヘッドなどいろいろあります。

ほかにも、ループシュートやドライブシュートなどボールの軌道でのネーミングもあります。



このページを表示
posted by ザッソウ at 06:41| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

ルスツリゾート/アンティークビーズ/・・

ルスツリゾート・・

なんと1年を通じて滞在・利用することができちゃうリゾート地なんだそうです。

スキーだけというのではないんですね。

スキー場のほか、遊園地、ゴルフ場、テニスコート、宿泊施設などのアミューズメント施設があります。

北海道虻田郡留寿都村に位置するリゾートです。





アンティークビーズ・・

手作りビーズのアクセサリーがはやったときがあります。

ビーズは流行りとは関係なく、ひきつける魅力もあります。

ビーズの場合には100年以上昔の物をアンティークと呼ぶそうです。

そしてそれより新しいものをヴィンテージと呼ぶのば一般的なのだとか。

けっこうファンは多いそうです。






ヘディング・・・・

浮き球の処理方法の一つで、頭を使ってコントロールします。

単独でキック程のパワーをつけるのは難しいですが、強いボールの場合には反動を使って、強いボールを繰り出すこともできます。

ヘディングシュートやフィードへの対応など試合中よく目にする技の一つです。



このページを表示
posted by ザッソウ at 03:13| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

蘭越町チセヌプリスキー場/アンティークの冷蔵庫/・・

蘭越町チセヌプリスキー場・・

蘭越町のニセコ連峰の中央に位置し、チセヌプリの南側麓にあるスキー場です。

スキー、スノーボードが楽しめるスキー場です。

残念ながら2013年末くらいから営業を休止。

ところが2016年度再開を目指した動きもニュースになったりしたのでした。

スキー場の運営も何かと厳しい状況なのでした。





アンティークの冷蔵庫・・・

アンティークの冷蔵庫は立派なインテリア製品といえるかもしれません。

身近なものだからこそ、意外に広い年代にファンがいるみたいです。

とくに、アメリカ製のアンティーク冷蔵庫は、若い人に人気なのだとか。

聞いただけでなんだか興味が出てきますね。

大きさの割りに電気代はかかるかもしれませんが。






キックフェイント・・・

フェイントにもいろいろありますが、キックフェイントも手間をかけないで効果があるフェイントの一つです。

蹴るふりをするとか、けるそぶりで蹴らずにボールをまたぐとか。

小さくても崩れた相手の体勢を見逃さないで、反対のほうにドリブルしたり、パスを出したりします。




このページを表示
posted by ザッソウ at 06:49| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

古平家族旅行村スキー場/アンティークマーケット吹上/・・

古平家族旅行村スキー場・・

古平家族旅行村は、冬に限らずアウトドアレジャーを楽しめるところです。

スキー場のほうはもしかしたら営業してないのかな。

昔はやっていたようですが、初級、中級者向きのコースだけです。

こぶもないファミリー向けのゲレンデだったようです。

北海道古平郡古平町にあります。





アンティークマーケット吹上・・・・

アンティークマーケット吹上は、ビル全体がアンティークショップ街になっているんだとか。

すごい規模ですね。

さまざまなジャンルのアンティークショップが楽しめるようです。

アンティークファンにはたまらないスポットのようです。

価格的にもピンからキリまで揃っていて気軽に楽しめるようです。





ラボーナ・・・・

トリッキーなキックの一つです。

軸足の外側にボールをおいて、蹴り足をクロスするような形でキックします。

足どうしがぶつかりそうで心配ですが、けっこう強いキックが出ます。

シュートなどで使われることがあるキックです。

マラドーナやロベルト・バッジョなどといったテクニシャン達も使っていたようです。



このページを表示
posted by ザッソウ at 06:41| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

ニセコワイス雪上車スキー場/アンティークショップ/・・

ニセコワイス雪上車スキー場・・

北海道虻田郡倶知安町にあるスキー場です。

一つのコースで2kmもあるようなロングコースも楽しめるスキー場です。

名前のように雪上車運行コースがあります。

札幌市内からだと120分程度と離れてはいますが、ニセコとあって知名度もあります。

スノーモビルツアーも近くで体験できるみたいです。





アンティークショップ・・

アンティークショップは見ているだけでも楽しめる空間があります。

まずはショップに出かけて様々なアンティークに触れてみるところから始めるのも面白いかも。

アンティークショップは見つけるのも難しいかも知れないですが、大きめの街のどこかにはあるはずです。





スコーピオンキック・・

ダイビングヘッドの頭をヘッドして、踵にボールを当てて頭越しに前方に蹴りだすキックです。

普通にダイビングヘッドのほうが成功しやすいので、試合ではほとんど見られることはないと思います。

キックする形がサソリににていることで、スコーピオンという名前がついたのでした。



このページを表示
posted by ザッソウ at 06:35| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

ニセコモイワスキー場/アンティーク雑貨/・・

ニセコモイワスキー場・・・・

ニセコ町にあるスキー場です。

日本有数のパウダースノーが楽しめるスキー場としても知られます。

上級者向けの非圧雪ゾーンのジャイアントコースや、上級者向け大回転バーンのエキスパートコースなど、上級者には嬉しいスキー場のようです。

林間コース、スカイコース、白樺コースなども面白そうです。





アンティーク雑貨・・・

雑貨が趣味と言う人は多いです。

そんな雑貨にもアンティークモノがあるみたい。

アンティーク雑貨はヨーロッパのものから、アメリカのもの、日本のものとさまざまです。

雑貨の場合、アンティークだからといって集める人だけではないでしょうね。

普通にその雑貨が気に入ったから買うという人も多いです。





オーバーヘッドキック・・・

ゴールに背中を向けた状態で、高いボールをシュートに行く際に使われるキックです。

英語圏ではバイシクルとよく言われるそうです。

非常に難しいキックのため、めったに見かけることはないですが、ゴールが決まるとかっこいいです。

とはいえ、選手が集まった空間でこのキックは危険なプレーでファールを取られることもあります。



このページを表示
posted by ザッソウ at 06:49| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

ニセコマウンテンリゾート・グランヒラフ/アンティークの額縁/・・

ニセコマウンテンリゾート・グランヒラフ・・・

ニセコ連峰の主峰であるニセコアンヌプリの山頂付近から麓までを使った広大なスノーリゾートです。

旧ニセコひらふスキー場のことで、北海道虻田郡倶知安町の比羅夫地区にあります。

上質のパウダースノーを楽しめと、海外からのスキー・スノーボード客も多いそうです。






アンティークの額縁・・

額縁はそもそも絵や写真を飾るためのものです。

でも、額縁自体にも実は魅力があります。

なかなには、額縁だけを飾るという飾りかたを楽しむ人もいるんだとか。

なぜならアンティークの額縁は、額縁自体がすでに完璧な芸術品ともいえるからだそうです。

そんな額縁を探してみるのも面白そうです。






ボレーキック・・・・

地面にあるボールではなく、空中に浮いたボールのキックです。

スピードのあるボールを蹴ることもあり、タイミングが非常に難しいです。

難しい反面きれいにキックが決まると非常にかっこいいキックです。

パスにもシュートにも使われます。

ジャンプして体も浮いた状態で蹴るジャンピングボレーはさらに高度なキックです。



このページを表示
posted by ザッソウ at 03:15| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

ニセコビレッジスキーリゾート/ボタンの趣味/・・

ニセコビレッジスキーリゾート・・・・

かつてはプリンスホテルが運営していたニセコ東山スキー場でした。

初級、中級、上級の27コースで、たっぷり楽しめるスキー場です。

初級コースも13コースもあるそうなので、安心して楽しめそうです。

一方で、ニセコのスキー場の中では比較的斜度があり上級者向きなんだとか。

北海道虻田郡ニセコ町にあります。





ボタンの趣味・・・・

ボタンも集めてみるといろいろあって面白いです。

素材も、形も、作られた年代もいろいろで、楽しくなりそうです。

子供たちにも動物や花などのボタンなら喜びそうです。

大人でもオシャレのアクセントのひとつとして、気分に合わせてボタンを変えてみるのも面白いかも。






チップキック・・・

準備動作なくボールを浮かせることで、ループシュートや相手の頭の上を越えるロブパスに使われます。

ボールの下につま先を差し込むかたちでボールをすくいあげます。

有名な使い手としてはアントニーン・パネンカで、1976年欧州選手権決勝のPK戦でのキックが有名です。



このページを表示
posted by ザッソウ at 06:49| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

ニセコいわない国際スキー場/アンティークボタン/・・

ニセコいわない国際スキー場・・

ニセコ連峰の最西端にある海が見えるスキー場とのことです。

特に北斜面の日本海や積丹半島が一望できる景色がおすすめのようです。

圧雪車を貸切るという、貸し切りキャットツアーという仕組みも特徴のひとつでしょうね。

なかなか珍しい贅沢なスキーツアーだと思います。





アンティークボタン・・・・

ボタンにもアンティークがあるそうです。

現在のボタンはプラスティック製のものが多いです。

一方で、アンティークボタンはガラス製のもの。

あるいはベークライト製のもの、セルロイド製のもの。

はたまた貝で作られたものなどもあります。

チョット変わったアレンジができそうですね。






ヒールキック・・・・

コントロールが難しいキックの一つです。

踵を使ったキックのため体の向きを変えることなく、後方にボールを出すことができます。

長いパスには向かないものの、意外性から密集した場所などでよく使われます。

稀にシュートに使われることもありますが、かなり難しいです。



このページを表示
posted by ザッソウ at 03:18| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

ニセコアンヌプリ国際スキー場/アンティークなスタンプ/・・

ニセコアンヌプリ国際スキー場・・

ニセコビレッジ、グランヒラフスキー場と接続していて、ニセコフリーパスポートで自由に移動できます。

初級コースから上級コースまでそれぞれ複数のコースが用意されています。

高低差756メートル、最長滑走距離が4000メートルもあるなど、たっぷり滑れるスキー場です。





アンティークなスタンプ・・

スタンプにもアンティークがあるそうです。

スタンプといえば、お正月の年賀状用の干支スタンプや、学校の「たいへんよくできました」スタンプなどをイメージする人も多いと思います。

これらのスタンプは意外に古くから存在します。

そしてアンティークとして集めている人もいるんだそうです。

面白いですね。






トーキック・・・・

前方に蹴るさいにつま先で蹴るキックです。

コントロールが難しい反面、コンパクトな動作でもそこそこ強いキックもできるので重宝です。

シュートに使われたときは、予想外の動きをすることもあります。

インサイドなどのようにキック練習することは少ないですが、けっこう使われるキックの一つです。



このページを表示
posted by ザッソウ at 03:10| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

仁木町民スキー場/フィルムのカメラ/・・

仁木町民スキー場・・・

主に初級者や中級者向けなので、家族でゆっくり楽しめるファミリースキー場です。

仁木町の「ふれあい遊トピア公園」の近くにあるスキー場です。

自然の地形をいかしたゲレンデで、スキーもスノーボードも楽しめます。

またSAJ認定バッチテストも実施されているそうです。





フィルムのカメラ・・・

カメラといえばデジカメが当たり前になった今。

昔のフィルムのカメラは懐かしいです。

フィルムの入れ替えがけっこう大変だったりしたこともありました。

フィルムは光が入るとダメですからね。

何度も失敗した人も少なくないはずです。

デジカメでは経験できない作業ですね。





アウトフロントキック・・・・

ロングパスやシュートなどで使われ、足の甲の外側にミートさせて蹴りだします。

蹴り足の外側に曲がる回転となり、通常の逆の動きで意表がつけることも。

強いキックのレパートリーとして加えておきたいキックの一つです。

でもインフロントほど使用頻度は少ないでしょうね。



このページを表示
posted by ザッソウ at 06:55| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

中山峠スキー場/アンティークのカメラ/・・

中山峠スキー場・・・・

北海道虻田郡喜茂別町にあるスキー場です。

札幌から車で約60分程度と近場です。

11月12月と春スキーができるスキー場で、真冬はお休みしているようです。

なんだか普通とは違った感じのスキー場ですね。

春スキーは、なんと五月の連休過ぎまでできる見込みのようです。






アンティークのカメラ・・・

アンティークのカメラも人気です。

カメラはどんどん高性能になってますが、一方で昔のカメラにも根強いファンがいます。

アンティークのカメラファンといえば、男性に多いですね。

でも女性でもカメラを趣味にする人は多いので、もしかしたら今後増えるかもしれませんね。






インフロントキック・・・

最も遠くに飛ばしたいときはこのキックでしょう。

足の甲の内側に当てますが、そのとき足首は曲げてボールを蹴りあげます。

ミートポイントを変えることで、カーブをかけたりすることもできます。

ロングパスやフリーキック、コーナーキック、ゴールキックなどで使われます。



このページを表示
posted by ザッソウ at 03:46| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

スノークルーズ・オーンズ/アンティークドレス/・・

スノークルーズ・オーンズ・・・

北海道は小樽市春香町にあるスキー場です。

「11」という数字にこだわりがあります。

人工造雪機を使っても毎年11月11日にオープンしたり、毎月11日を「オーンズデー」として割引したり。

あとナイターも夜11時までにしたりとか。

そもそもオーンズというのはフランス語の「11」なんだそうです。






アンティークドレス・・・

ドレスにもアンティークがあります。

女性にとっては興味深いと思いますが、かなり贅沢な趣味かもしれません。

時代を感じさせるものもから、案外今にもあうものもあるようです。

今にあうとはいえ、アンティークドレスを手軽に着る気にはなりにくいでしょうね。

でも友人の結婚式など特別な日にならいけるかも。





インステップキック・・

つま先をのばした状態で、足の甲に正面からボールに当てるキックです。

強烈な弾道の低いボールが可能なので、シュートやロングパスなどで使われます。

選手のキック力の有無が如実に表れるキックでもあります。

左右ともに強烈なキックを持っているとすごい武器になります。



このページを表示
posted by ザッソウ at 03:51| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

積丹町のスキー場/古い人形/・・

積丹町のスキー場・・・

積丹町野外スポーツ林スキー場は、積丹町の美国の市街地や漁港が一望できる眺めのいいスキー場です。

標高はそれほど高くないようですが眺めはいいといわれています。

積丹町は積丹半島の北端に位置しており、自然も豊かなところです。

ゲレンデは初心者から上級者まで楽しめるようです。






古い人形・・

古い人形はオカルトの定番です。

そのためか、つい怖いイメージを持つこともあります。

でも、どうしてそこまで嫌われるのでしょうか。

それだけ身近で愛情が注がれる対象だからなのかもしれません。

気持ちが残りすぎるくらいのものなので、他人のものだと古いのは怖いのかな。





アウトサイドキック・・

足の外側で蹴るキックで、強くは蹴れないけど、ショートパスではおなじみのキックです。

自分の体の向きの横側にだせて、相手の意表を突くのに適しています。

コンパクトなモーションで蹴れるので、相手を背負っていたり、密集した場所でも使えます。

シュートに使う場合もあります。



このページを表示
posted by ザッソウ at 06:53| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

旭ヶ丘スキー場/アンティークドール/・・

旭ヶ丘スキー場・・・・

倶知安町旭ヶ丘スキー場は倶知安町字旭にあります。

最大斜度30度、最長滑走距離560mなんだそうです。

そり専用コースもあるので、小さな子供たちでも楽しめるスキー場です。

雪ん子館が、スキーのときの休憩室として利用されており、ゆっくり楽しめるスキー場です。





アンティークドール・・・

女性のアンティークファンが多い物に、アンティークドールがあります。

レトロでありながら非常にリアルな表情。

ただ古いものを嫌う人もいるので、好みがはっきりするのも人形です。

愛情の詰まった美しいアンティークドールは、好む人にとってはものすごく魅力的にうつるようです。





インサイドキック・・・

最も使用頻度の高いキックの一つです。

足の内側を使って蹴り、コントロールしやすいため正確性を重視する場合のキックです。

パスやシュートにも使われます。

自分の体に対して、正面や、蹴り足の内側ほうこうの横に出す際に多用されます。

フリーキックなどに使われることもあります。




このページを表示
posted by ザッソウ at 03:51| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メルマガ登録・解除
旅行の達人は地名に詳しい!地名パズルで腕試し
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ