2016年12月23日

グリーンピア大沼スキー場/アンティークのドアノブ/・・

グリーンピア大沼スキー場・・

グリーンピア大沼は通年で楽しめるリゾートで、そこにあるスキー場です。

スキーを滑るだけじゃなく、スキー教室やプライベートレッスン、そり遠足などにも使われてるそうです。

年齢に関係なく、初心者から楽しめるスキー場とのことです。

ナイターはないようです。





アンティークのドアノブ・・

ドアノブもインテリアの一つです。

意外にドアノブの存在感は大きいのかもしれません。

でもドアノブにこだわるってなかなか渋いですね。

でも、言われてみると面白いこだわりかもしれません。

たとえば現代ではほとんど見かけることのないガラス製のドアノブなどというのもあります。

面白いです。





シュート・・・・

得点のために相手ゴールにボールを飛ばすことです。

キックだけじゃなくヘディングシュートもよく見られます。

キックの体勢によって、スライディングシュート、ボレーシュート、ドリブルシュート、オーバーヘッドなどいろいろあります。

ほかにも、ループシュートやドライブシュートなどボールの軌道でのネーミングもあります。



このページを表示
posted by ザッソウ at 06:41| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

ルスツリゾート/アンティークビーズ/・・

ルスツリゾート・・

なんと1年を通じて滞在・利用することができちゃうリゾート地なんだそうです。

スキーだけというのではないんですね。

スキー場のほか、遊園地、ゴルフ場、テニスコート、宿泊施設などのアミューズメント施設があります。

北海道虻田郡留寿都村に位置するリゾートです。





アンティークビーズ・・

手作りビーズのアクセサリーがはやったときがあります。

ビーズは流行りとは関係なく、ひきつける魅力もあります。

ビーズの場合には100年以上昔の物をアンティークと呼ぶそうです。

そしてそれより新しいものをヴィンテージと呼ぶのば一般的なのだとか。

けっこうファンは多いそうです。






ヘディング・・・・

浮き球の処理方法の一つで、頭を使ってコントロールします。

単独でキック程のパワーをつけるのは難しいですが、強いボールの場合には反動を使って、強いボールを繰り出すこともできます。

ヘディングシュートやフィードへの対応など試合中よく目にする技の一つです。



このページを表示
posted by ザッソウ at 03:13| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

蘭越町チセヌプリスキー場/アンティークの冷蔵庫/・・

蘭越町チセヌプリスキー場・・

蘭越町のニセコ連峰の中央に位置し、チセヌプリの南側麓にあるスキー場です。

スキー、スノーボードが楽しめるスキー場です。

残念ながら2013年末くらいから営業を休止。

ところが2016年度再開を目指した動きもニュースになったりしたのでした。

スキー場の運営も何かと厳しい状況なのでした。





アンティークの冷蔵庫・・・

アンティークの冷蔵庫は立派なインテリア製品といえるかもしれません。

身近なものだからこそ、意外に広い年代にファンがいるみたいです。

とくに、アメリカ製のアンティーク冷蔵庫は、若い人に人気なのだとか。

聞いただけでなんだか興味が出てきますね。

大きさの割りに電気代はかかるかもしれませんが。






キックフェイント・・・

フェイントにもいろいろありますが、キックフェイントも手間をかけないで効果があるフェイントの一つです。

蹴るふりをするとか、けるそぶりで蹴らずにボールをまたぐとか。

小さくても崩れた相手の体勢を見逃さないで、反対のほうにドリブルしたり、パスを出したりします。




このページを表示
posted by ザッソウ at 06:49| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

古平家族旅行村スキー場/アンティークマーケット吹上/・・

古平家族旅行村スキー場・・

古平家族旅行村は、冬に限らずアウトドアレジャーを楽しめるところです。

スキー場のほうはもしかしたら営業してないのかな。

昔はやっていたようですが、初級、中級者向きのコースだけです。

こぶもないファミリー向けのゲレンデだったようです。

北海道古平郡古平町にあります。





アンティークマーケット吹上・・・・

アンティークマーケット吹上は、ビル全体がアンティークショップ街になっているんだとか。

すごい規模ですね。

さまざまなジャンルのアンティークショップが楽しめるようです。

アンティークファンにはたまらないスポットのようです。

価格的にもピンからキリまで揃っていて気軽に楽しめるようです。





ラボーナ・・・・

トリッキーなキックの一つです。

軸足の外側にボールをおいて、蹴り足をクロスするような形でキックします。

足どうしがぶつかりそうで心配ですが、けっこう強いキックが出ます。

シュートなどで使われることがあるキックです。

マラドーナやロベルト・バッジョなどといったテクニシャン達も使っていたようです。



このページを表示
posted by ザッソウ at 06:41| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

ニセコワイス雪上車スキー場/アンティークショップ/・・

ニセコワイス雪上車スキー場・・

北海道虻田郡倶知安町にあるスキー場です。

一つのコースで2kmもあるようなロングコースも楽しめるスキー場です。

名前のように雪上車運行コースがあります。

札幌市内からだと120分程度と離れてはいますが、ニセコとあって知名度もあります。

スノーモビルツアーも近くで体験できるみたいです。





アンティークショップ・・

アンティークショップは見ているだけでも楽しめる空間があります。

まずはショップに出かけて様々なアンティークに触れてみるところから始めるのも面白いかも。

アンティークショップは見つけるのも難しいかも知れないですが、大きめの街のどこかにはあるはずです。





スコーピオンキック・・

ダイビングヘッドの頭をヘッドして、踵にボールを当てて頭越しに前方に蹴りだすキックです。

普通にダイビングヘッドのほうが成功しやすいので、試合ではほとんど見られることはないと思います。

キックする形がサソリににていることで、スコーピオンという名前がついたのでした。



このページを表示
posted by ザッソウ at 06:35| レジャー豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メルマガ登録・解除
旅行の達人は地名に詳しい!地名パズルで腕試し
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ